-新着情報-

●2016/04/20
iPhoneが故障したらお近くの修理屋さんへ!の情報を更新しました。
●2016/04/13
サイトマップの情報を更新しました。
●2016/03/21
経年劣化も修理屋さんへを新規投稿しました。
●2016/03/20
画面割れの対策を新規投稿しました。
●2016/03/19
修理店の選び方を新規投稿しました。

iPhoneが故障したらお近くの修理屋さんへ!

今や携帯電話の市場でスマートフォンが主流になっている現在、圧倒的人気を誇るiPhoneはスマートフォンの代名詞と言っても過言ではありません。そんな中、何年も使っていると不具合や故障、破損の経験は誰もがあるのではないでしょうか。
特に液晶画面のヒビ割れは多い様で今までのいわゆるガラケー、ガラパゴス携帯と呼ばれるものと違って本体の薄さや画面が剥き出しになっている事が不注意によって落とした時に壊れやすい原因なのかもしれません。

壊れたらすぐに修理を!

故障や破損した場合、一般的には修理に出すか新しいものに買い換えるものですが、そのまま放置して使い続けている方をよく見かけます。
理由は様々でお金がない、時間がない、直したいがどうすればいいか分からない等とにかく壊れたとはいえまだ使えるからと後回しになっているようです。
しかし電化製品全般に言える事ですが、特にiPhoneの様な精密機械にとって故障を放置する事は百害あって一利なしです。
ある日突然あなたの大切なデータが消えてしまう危険性を持ったまま使い続けるのは多大なリスクを伴うでしょう。
画面が割れたまま使うと小さな破片が中の大事な心臓部の部品に損傷を与える可能性もありますが、最も危険なのはその破片が指に付着したまま気付かずに口にしてしまう事、また破片が床やベッドに落ちた場合小さなお子さんやペットを飼われているご家庭ではかなり危険な事になります。
この様にちょっとしたヒビ割れでも放置すればする程リスクは大きくなってしまいます。故障が判明したらすぐに修理をしましょう。

iPhone修理をするには

iPhone修理は一般のスマートフォンと違いキャリア(携帯電話事業会社)のショップに持っていっても受け付けてはもらえません。
これは販売時に案内されている事ですが基本的にはiPhone自体についての問い合わせはアップル社が窓口となります。
方法としてはお近くのアップルストアやアップル正規プロバイダに持ち込むか配送修理に出す事になります。
また最近では非正規の修理屋さんも増えてきています。言葉だけ見れば危険な感じがしますがいわゆる車やバイクの街の修理屋さんを思い浮かべれば分かりやすいのではないでしょうか。
純正ではありませんが同等の機能を持つ安価なパーツで修理をするのでアップルストアに修理を依頼するより安くできる場合もあります。

それぞれのサービスの違い

jytdjdy
以上の様にiPhone修理にはアップルストア、アップル正規プロバイダへの持ち込み、配送修理、非正規の修理屋さんへの持ち込みの3つのほうほうがあります。
大きく分ければアップル正規と非正規となりますが、まずはiPhone購入時の事を思い出して下さい。
AppleCareへの加入の案内がありませんでしたか?これはいわばiPhoneの保険の様なものです。
こちらに加入している方はアップル正規の修理に出す事をオススメします。加入者は修理代金の割引を受ける事ができます。
非加入の方は比較的安くなる事の多い非正規の修理屋さんがオススメです。純正パーツではないとはいえ同等の機能を持つパーツを使っていますので不都合はないでしょう。また、アップルおよびアップル正規プロバイダでは本体を全交換する様な故障でも非正規の修理屋さんではパーツ交換で済む場合もあります。
これらの事を踏まえて見積もりをしてもらい料金を比較してから決めるのもいいでしょう。

小さな故障のうちに

iPhoneは今や日常生活に欠かせないツールになっています。壊れても必要になりまた新たに購入する人がほとんどでしょう。
しかしそれでは単純に倍の費用がかかってしまいます。また、故障を放置しても同じことです。
小さな不具合から大きな故障になり修理に多額の費用がかかる事になります。そうなる前にiPhoneが故障したらすぐに修理屋さんに持っていきましょう。
iPhone修理・iPod修理のよくあるご質問ならコチラ↓
IPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」http://mobilephoneprotector.jp/